令和新聞

まとめ。

USA

ハリス駐韓米国大使「韓国も経済制裁の対象」示唆

1アノニマス ポスト ニュースとネットの反応2020年01月17日
続きを読む

米陸軍ライアン・マッカーシー長官「米中関係悪化すれば、尖閣に極超音速ミサイル配備する」

1アノニマス ポスト ニュースとネットの反応2020年01月15日
続きを読む

米国とイラン、全面衝突回避 トランプ大統領、反撃を否定

1アノニマス ポスト ニュースとネットの反応2020年01月09日
続きを読む

アメリカとイランの対立。これが子どものケンカなら、まずアメリカちゃんに「やっちゃいけないことしたんだから、イランちゃんに謝りなさい」と言うところだ。

1前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)2020年01月08日
続きを読む

舛添「トランプが指導者として失格なのは、歴史を学ばないからだ。」

1舛添要一2020年01月06日
続きを読む

【悲報】米国国防省「A案を通したいから非現実的なB案に誘導しよう」トランプ大統領「B案GO」

米軍が、イランのイスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)を殺害したことをめぐり、米メディアは相次いで、トランプ米大統領が殺害を急に決め、政権内にも驚きが広がった様子を伝えている。
「司令官が米国の外交官と軍人を攻撃する計画を進めていたため、防衛措置として攻撃した」というトランプ政権の説明にも疑義が生じている。

イラクでは数カ月前から、米軍などがロケット弾攻撃を受けており、米側は親イラン派の武装組織が行っていると抗議してきた。
昨年12月27日、イラク北部のロケット弾攻撃で米国の民間人1人が死亡、米軍兵士4人が負傷したことで、一気に緊張が高まった。

ニューヨーク・タイムズによると、この攻撃を受け、米軍幹部らはソレイマニ司令官の殺害を「最も極端な選択肢」としてトランプ氏に提示した。
国防総省は歴代大統領に非現実的な選択肢を示すことで、他の選択肢をより受け入れやすくしており、今回もトランプ氏が選ぶことは想定していなかったという。

実際、トランプ氏は昨年12月28日に殺害計画を拒否し、親イランの武装組織に対する空爆を承認した。
だが、数日後に在バグダッド米大使館が親イラン派に襲撃される様子をテレビで見たトランプ氏はいらだち、その後に司令官殺害を決断した。国防総省幹部らは衝撃を受けたという。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN155KGJN15UHBI00P.html
続きを読む

イラン司令官殺害 イランとアメリカの関係はなぜここまで悪化した

1BBC News Japan2020年01月04日
続きを読む

前川喜平「イラン・ソレイマニ司令官の殺害。愚挙中の愚挙。シンゾーはドナルドと絶交せよ。」

1前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)2020年01月03日
続きを読む

【悲報】ドナルド・トランプさん、意味深過ぎるツイートで22万いいねwxwxwxwxwxwx

12020/01/03(金) 13:50:37ID:jyFGlLO40.net
匂わせ野郎やん イラン 開戦宣言 年明け早々 株価に関連した画像-02

何が始まるんです??
続きを読む

【悲報】元朝日記者「トランプはとにかく戦争したいのだ。」

1鮫島浩2020年01月03日
続きを読む