令和新聞

まとめ。

日本共産党

安倍「桜を見る会に国会審議時間割かれた」 →共産・小池晃「何を言うか・・・」

1小池晃2019年12月13日
続きを読む

共産・志位「この内閣のモラル崩壊は、行き着くところまで行き着いた。」

1志位和夫2019年12月10日
続きを読む

【川崎ヘイトスピーチ】共産「日本国民への差別的言動は含めない」。

1吉田康一郎2019年12月09日
続きを読む

ジャパンライフの「お中元リスト」野党議員10人の名前を削除して公開、日刊ゲンダイが共産党の隠蔽工作に協力か?

1KSL-Live!2019年12月07日
続きを読む

共産・志位和夫「加害国として「性奴隷という言葉を使うな」と被害国を恫喝する安倍首相。」

1志位和夫2019年12月08日
続きを読む

閣議決定、20日で調整 自衛隊の中東派遣で政府→共産のジャイアン「犠牲を増やさないためにも撤回せよ」

1香西かつ介(共産党のジャイアン)2019年12月07日
続きを読む

【恐怖】共産大門議員、何故か消費者庁の内部資料を大量入手してる模様

悪徳マルチ商法会社のジャパンライフの山口隆祥元会長に首相主催の「桜を見る会」の招待状が送付されていた問題をめぐって、
全野党が参加する「桜を見る会」追及本部は2日、国会内で野党合同ヒアリングを行いました。

日本共産党の大門実紀史議員が、ジャパンライフが2015年以降、「桜を見る会」の招待状を“最後の荒稼ぎ”に利用していた実態を説明。
消費者庁は14年にはジャパンライフの経営状況を把握して「今回見逃すと、大変なことになりかねない」と認識しながら、突然方針を転換して処分を遅らせた理由についてただしました。

消費者庁の担当者は、同庁の内部資料に「本件の特異性」「政治的背景にある余波を懸念」していたことが記されているにもかかわらず、
「外からの介入があって処分をゆがめたことはない」などと強弁し続けました。

ヒアリングでは、ジャパンライフの被害者からも聞き取りを行いました。東北地方のAさんは「桜を見る会」の招待状について、
「(ジャパンライフの会合で)何回も何回もその映像が流されたのを確認している」と証言。
安倍首相が山口氏との関係を否定していることについては「安倍さんの話が信用できない」と述べました。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-12-03/2019120302_04_1.html
続きを読む

日本共産党・志位、中村医師死去に哀悼の意「憲法9条を体現された」

1アノニマス ポスト ニュースとネットの反応2019年12月07日
続きを読む

共産・小池晃「桜を見る会を私物化し、自衛隊まで私物化か!」

1小池晃2019年12月03日
続きを読む

共産党・かどはら「安倍首相、シュレッダーにかける作業の遅れについて「障害者短期雇用職員」の配置の都合のためという説明をする。」

1かどはら武志(日本共産党東郷町議)2019年12月02日
続きを読む